帰ってきて! はっぴ~
いなくなってしまったオカメインコのはっぴ~の、捜索日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
秋風が吹くと。。。
2008_0826ぷーすけ0007


頬を撫でる風に、すっかり秋を感じるようになりましたね。

毎年この時期になると、ママが思い出す一連の歌があります。


2008_0826ぷーすけ0006


「君待つと 我が恋ひ居れば 我が宿の 簾動かし 秋の風吹く」
 
   額田女王 (ぬかたのおおきみ) (万葉集 巻4-488)


「風をだに 恋ふるは羨(とも)し 風をだに 来むとし待たば 何か嘆かむ」

   鏡王女 (かがみのおおきみ) (万葉集 巻4-489)


額田女王は、言わずと知れた万葉集を代表する女流歌人の一人で、ママが大好きな歌を沢山詠んでいます。また、鏡王女は、額田女王の姉とも言われていますが、その出生は不詳なんです。

そして、額田女王は、はじめは天武天皇の妃となり一女をもうけ、のちに兄の天智天皇に寵愛されたようです。一方鏡王女は、それらの詠歌や題詞などから、はじめは天智天皇に愛され、のちに下賜されて、側近の藤原鎌足の正室となったみたいです。

これらの歌は、そんな二人が秋風を感じて詠んだものとされているんですね~。


2008_0826ぷーすけ0008


「あなたを待って恋しい思いでいると 
 (あなたが部屋へ入ってくるときのように)
  すだれが動いたけれど それはただの秋の風なのね~」
   (額田女王談)

「風に想いをめぐらせるなんてうらやましいわ~ 
  風の訪れさへもう無い私とくらべて 何を嘆く事があるのでしょう。。。」 
   (鏡王女談)


とまあ、現代風に訳すとこんな感じでしょうか。


額田王は、「あなた」(天智天皇)との間に忍び寄る秋風を感じながらも、「簾動かし」と気丈に期待感を膨らませているのかも知れません。

それを受けて、鏡王女は我が身になぞらえて「羨し」と言い、待ち恋いているのだったら「何か嘆かむ」と、諦観しているように思われます。

このときの、鏡女王の想う相手は、すっかり訪れの無くなった天智天皇であるとする説と、亡き夫藤原鎌足を偲んでいたという説があるようです。

でもママは、愛する夫の藤原鎌足を追慕して詠まれた歌だと思いたいですね。。。




ところで、あなたは秋風を受けて、誰に思いを馳せますか?




ねぇはっぴ~、あなたのトサカにも、秋風が吹いていることと思います。
たまには、ママのことを思い出してくれていますか?
もしそうなら、一度帰っていらっしゃいよ~。

スポンサーサイト

[テーマ:おかめ大好き♪ | ジャンル:ペット]

【2009/09/29 00:08】 | 古典・絵画・音楽 | トラックバック(0) | コメント(14) |
<<ダイエットが必要!? | ホーム | 温泉、撤収!?>>
コメント
秋風に誰に思いを馳せるか...
う~ん
私は色っぽい話にはつながりそうにありません(笑)
昔も今も女心はいろいろと複雑なのですね


【2009/09/29 17:50】 URL | colorko #Wte2glD2[ 編集]
私も 藤原鎌足への想いだと思いたいなぁ

でも私風に訳してみると・・・
「額田ちゃんはいいやんかぁ  そんなにおもえる相手がいてて。
私なんかもーそんな人もいてないで」

て感じ?   
折角の情緒が台無しだ~~~~   
失礼しました(笑)
【2009/09/29 19:03】 URL | はるみ #f3lB5JAk[ 編集]
colorkoさん、

こんにちは。
うふふ♪ それは私も一緒です。(笑)
私の場合は、女心というよりははっぴ~のことを思い出してしまいます。
秋風に乗って、帰ってきてくれると良いのですが。。。
【2009/09/29 19:49】 URL | はっぴ~;ママ #-[ 編集]
はるみさん、

こんにちは。
あはは~、彼女たちが現代に生きていたら、きっとこんな感じだったのではないでしょうか?
そうしたら、もっと身近に感じられますね。
楽しく読ませていただきました~。
【2009/09/29 19:52】 URL | はっぴ~;ママ #-[ 編集]
はるみさんのコメントの現代語訳万葉集(関西弁バージョン)笑わせていただきました!!
私・・ゼミは万葉集でしたが・・・卒論に苦労したんでアレルギーが・・・(;~〓~) アセアセ
でも、はるみさんみたいな現代語訳を作ってみたら面白いかもしれませんねーーー!!!
【2009/09/30 00:57】 URL | ジェミー #-[ 編集]
こんばんは!

とても風情のあるお話で、癒されました♪

秋風にトサカが揺れているはっぴ~ちゃん…
表現がかわいいです~(*^_^*)

きっと、ママさんと楽しく過ごした日々を
思い出しているでしょうね♪
【2009/09/30 01:19】 URL | yukky #-[ 編集]
ジェミーさん、

こんにちは。
ジェミーさんは、卒論は万葉集をお描きになったのですか~。
これは、失礼をいたしました。造詣が深くていらっしゃるのに、あまりに稚拙な文章で恥ずかしいです。
どうぞ笑って、見逃してやってくださいませ。(汗)
【2009/09/30 09:59】 URL | はっぴ~;ママ #-[ 編集]
yukkyさん、

こんにちは。
どうもありがとうございます~。
楽しんでいただければ幸いです。
はっぴ~にも、この歌が届いているといいな~と思っています。立派なトサカが、秋風で揺れているのを想像すると、切なくなります。
【2009/09/30 10:05】 URL | はっぴ~ママ #-[ 編集]
とーーんでもないっ!!稚拙だなんて・・・
私は軽い気持ちで選んでものすごーーく苦労したんで、長いこと拒否反応が・・・(;~〓~) アセアセ
でも、はっぴ~ママさんの日記を見て、もう一度読んでみようかな・・・と思いましたよ。
ロシア語、古典、音楽や芸術にも詳しくて、手芸もお上手・・・お会いしてみたいなあ・・と常々思ってます。(〃∇〃) てれっ☆
【2009/09/30 11:10】 URL | ジェミー #-[ 編集]
ジェミーさん、

こんにちは。
またまた書き込みをありがとうございます~。
私も、万葉集はあまりに奥が深くて、未だに入口をウロウロしている有様なんですよ。

私も、先日ジェミーさんが横浜にいらしたときは、本当にお会いしたかったのです。今度また、機会があれば是非!!
【2009/09/30 11:50】 URL | はっぴ~ママ #-[ 編集]
こんにちは♪
ほろりとなってしまうお歌ですね(〃´o`)=3 フゥ
わたしも、鎌足さんを思ってのお歌だったら素敵だなあと思いました(照)
なんて言っていますが、お歌は数える程度しか。あぅ。不調法でお恥ずかしいです(^-^;)ゞ

秋風に誰を思うか…む、むかし、好きだったひと…かも(/_\*)イヤン
きっとできたご家族と一緒に、元気だったら嬉しいなあって。
物思いの秋をひそやかに楽しんでいます。ひゃ~恥ずかしい
【2009/09/30 17:35】 URL | あめつきまお。 #yVpX5Zik[ 編集]
あめつきまおさん、

こんばんは。
楽しんでいただけましたら幸いです。
私も、ほんとに少ししか知らなくて、お恥ずかしいくらいなんですよ。

そうですか~。
あめつきまおさんの密やかなお話を、伺ったような気がいたします。
秋は、もの思いの季節ですよね。
長い夜に、思いを馳せてみるのも一興ですね。
【2009/09/30 21:48】 URL | はっぴ~ママ #-[ 編集]
昔の人は文才ありですよね
うたの中にはすごい意味が隠されてたりして


はっぴ~ちゃん
秋はおいしい食べ物いっぱいだよ

早く帰ってきて元気な姿見せてよ~
【2009/10/02 09:21】 URL | ふしぎばな #-[ 編集]
ふしぎばなさん、

こんにちは。
おっしゃる通りですね。
実は、何気ない歌の中にも、深い意図が隠されているのかも知れません。

はっぴ~にも、この歌が届いていればいいな~と思い、記事にUpさせていただきました。今頃、どうしているのでしょうね。
【2009/10/02 10:23】 URL | はっぴ~ママ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://feltgalleryhappybird.blog17.fc2.com/tb.php/519-12ad05f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

はっぴ~ママ

Author:はっぴ~ママ
ルチノーオカメインコのはっぴ~
女の仔、3才です。
只今、修行の旅に出て放浪中。
そんな放蕩娘の帰りを待ちわびる、
はっぴ~ママの徒然日記です。
そして、2008年9月に、WFシナモンパールのオカメ、咲耶(さくや)をお迎えしました。
咲耶共々、どうぞよろしくお願いいたします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。